交通事故の後遺症は後遺障害認定が肝!腱板損傷で慰謝料はもらえるか

交通事故で後遺症が残るほどの怪我をすることもあり、それによって生活の質が落ちることも、仕事に影響が出ることも珍しくありません。こうした損害を補償するのが損害賠償金ですが、腱板損傷が残った場合はどうなるのでしょうか。

いくらくらい支払われるのか、請求はいつくらいが良いのかなど、交通事故の損害賠償金について解説していきます。

交通事故後の流れ

交通事故を起こした加害者は、被害者にかかった治療費や車の修理代を支払う必要があります。被害者に後遺症があり、それが後遺障害として認定されれば、さらに後遺障害慰謝料や後遺症逸失利益などを支払うのが一般的です。

もし交通事故に遭って、被害者になってしまったら、あなたか加害者のどちらかが通報します。加害者の身元や車両ナンバーをメモし、保険会社についても聞いておきましょう。そして、あなたが加入している任意保険会社へも連絡します。

任意保険の多くは搭乗者傷害保険が付帯されており、これによって、当座の治療費を賄うことができます。加害者側の任意保険会社に損害賠償請求を行うのは、治療が終わってからです。自身の保険会社に連絡を入れたら、すぐに治療を開始しましょう。

交通事故の治療は基本的に自費治療となるものの、健康保険組合に交通事故で健康保険を使うことを伝えれば、健康保険を使用することが可能です。治療して治れば損害賠償請求の段階に入りますが、痛みや痺れなどの症状が続いている場合は、そのまま治療を続けましょう。

医師に後遺症が残るだろうと言われたくらいでは、後遺障害認定は難しいものの、将来的な損失が見込まれる場合は、認定の可能性があります。後遺症があっても、治療継続によって治る可能性はほとんどないと医師が判断すると、症状固定という状態になります。

後遺障害等級申請を行う際は、医師に後遺障害診断書を作成してもらったり、認定作業に必要な検査を行ってもらったりしてください。加害者側の保険会社から認定や損害賠償額の結果が送られてきて、金額に納得できれば示談、できなければ示談交渉に入ります。

保険会社は自賠責基準と任意保険基準にて賠償金などの金額を決定するので、提示された金額を一般の人がひっくり返すことは簡単ではありません。示談が済むと、二度とお金の交渉はできません。自分で交渉することが難しいと思ったら、弁護士に委任しましょう。

弁護士は弁護士基準で計算して賠償金などを請求します。また、書類などに不備がなかったかチェックし、あれば提出し直して再度後遺障害認定作業をやり直してもらうこともできます。

交通事故で起こり得る腱板損傷

肩甲骨と上腕骨は、4本の筋でつながっており、これを肩腱板と言います。バイクで転倒した際などに肩を打つと、ここが切れてしまうことがあります。腱板が一部、もしくは全て断裂して腱板炎を起こした状態が、腱板損傷です。

腱板損傷の自覚症状は、肩を動かしたときや就寝時の痛みや、可動域の狭まりです。安静にしていても痛い場合もありますし、仰向けになると痛みが強くなる傾向にあります。人によっては肩こりのような痛みなので、見逃される可能性はゼロではありません。

腱板損傷の治療方法

腱板損傷の治療は、多くが保存療法を選択されます。関節鏡下腱板断裂手術という手術方法もあるものの、命に関わるような症状ではないため、実施される機会はさほどありません。炎症が治まれば腱板断裂だけの症状となり、日常生活を普通に送ることが可能です。

しかし、切れた腱板がもう一度くっつくことはほぼないですし、次第に悪化してしまう場合も珍しくないです。痛みがしつこく長引く場合は、手術を考えてもいいでしょう。

時間経過と共に痛みが現れることも!

交通事故後は、どの部位にしても、何日も経ってから痛みが現れてくることがあります。また、ほぼ全身に痛みを感じていて、それが引いていくと一部の痛みが浮かび上がってくることも珍しくありません。腱板損傷も然りで、事故直後のカルテには肩の痛みが記載されていなかったのに、半年後のカルテに追加記入されるケースもあります。

保険会社から見れば、交通事故との因果関係は到底認められないと思えるかもしれません。それに加えて、腱板損傷はスポーツや加齢が原因のこともあるので、誤解が生じやすいです。こうした誤解をさせないためにも、腱板損傷が医学的に見て、交通事故が原因だと判断できる資料が必要です。

MRI画像は欠かせない資料の一つで、画像で腱板損傷が診断できなければ後遺障害の審査に通ることはないでしょう。また、自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書に、交通事故が原因であることが分かるような記載を医師にお願いしたいところです。

自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書の記載注意点

自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書の左ページにある自覚症状の欄には、肩の痛みがあることを医師に書いてもらいましょう。同じく左ページの他覚症状および検査結果の欄にはMRI画像上で腱板損傷が確認できることと、その他に確認できる症状があれば、それも記載してもらいます。

右のページには、関節機能障害という欄があります。ここに記載するのは、肩関節の可動域規定結果です。可動域に制限がない人は未記入で構いません。さらにその下の欄にある傷害内容の増悪・寛解の見通しのところには、後遺症のまま残るだろうこと、症状が寛解することはないだろう旨を書いてもらいます。

しかし、患者が診断書の記載方法について、あれこれと口を出すのは難しいかもしれません。後遺障害診断書を書き慣れている医師が望ましいですが、もしくは交通事故を専門分野とする行政書士や弁護士から医師に注意点を伝えてもらうのも一案です。

後遺障害が認定されると一気に増える賠償金

後遺障害が認められれば、その等級に応じて後遺症慰謝料の金額が決定します。後遺障害は1~14級までに区切られ、それぞれ保険金が一律で決まっています。1級が最も重い症状で、14級が最も軽い症状です。例えば腱板損傷を負って、腱側の可動域と比較した場合に肩関節の可動域が4分の3以下に制限されていると診断された場合の等級は、12級6号です。

そして、この場合に支払われる金額は、224万円と定められています。可動域が2分の1以下に制限されている場合は10級10号となり、461万円です。また、自覚症状が痛みの場合は、12級13号か14級9号となることが多いです。

後遺障害と認定されると、これらのお金の他に逸失利益や後遺障害慰謝料が加わります。逸失利益とは、本来であれば得られたであろう利益のことです。労働能力損失率をかけて計算されます。それに加えて、将来的な損失を補うためにライプニッツ係数の数値もかけられます。

数値などは年齢や年収によって決まっており、自分で計算することも可能です。

関連資料⇒交通事故後遺障害認定
https://www.ko2jiko.com/pickup-koui/